小児歯科

お子さんの
歯の一生の健康のために

お子さんの乳歯はいずれ抜け、永久歯に生え替わります。そのため、「少しくらい虫歯になってもいいのでは」と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。乳歯の時期に虫歯があると、永久歯になってからも虫歯ができやすいお口の環境がつくられてしまうのです。

つまり生涯にわたるお口の健康は、乳歯のときの状態に左右されるといえます。それにもかかわらず、乳歯は永久歯よりやわらかく虫歯になりやすいのが特徴です。高槻市摂津富田駅近く、ダイエー摂津富田店の歯医者「いろどり歯科」の小児歯科では、お子さんのお口の健康をサポートする診療を行っています。お子さんに恐怖心を与えないよう、やさしい対応を心がけていますので、不安なことがあればお気軽にご相談ください。

お子さんの虫歯予防について

お子さんは、まだ虫歯になりにくいおやつを選ぶことも、きちんと歯みがきをすることもできません。つまりお子さんの虫歯を予防するには、ご家族の方の力が必要です。甘いものばかりのおやつにならないよう配慮したり、歯みがきの最後には仕上げみがきをしてあげたりするなど、日々気にかけてあげてください。

また併せて定期検診にもお連れいただき、歯科医師による虫歯や歯並びなどのチェックや専門的なメインテナンスを受ける習慣をつけてあげることで、お子さんの歯を守ってあげましょう。

~仕上げみがきが大切です~

お子さんに、自分で歯みがきをする習慣をつくってあげることはとても大切です。しかしまだ小さいお子さんには、お口の中をすみずみまできれいにすることはできません。最後には、ご家族の方が必ず仕上げみがきをしてあげることが大切です。 仕上げみがきのコツは、お子さんの頭をご家族の方のお腹に向けてひざに寝かせ、上から覗き込む形で歯の裏側まできちんとみがくこと。小さなころから習慣づけ、スキンシップの場にしてみてください。

当院のお子さん向け予防メニュー

歯みがき指導

お口の中の状態は、お子さんの年齢や成長のスピードなどによって一人ひとりまったく異なります。そこで、それぞれに適したみがき方を指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのコツもお教えします。

シーラント

奥歯にある深い溝は、汚れがたまりやすいうえに歯みがきにしにくく、虫歯になりやすいのが特徴です。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)でその溝を埋め、虫歯予防につなげます。お子様に行う処置です。

フッ素塗布

歯質を強くし、虫歯菌への抵抗力を高める効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布します。定期的に行うことで、虫歯になりにくい歯をつくります。

小児矯正

昔と比べて食生活が大きく変化し、やわらかい食べ物が増えて噛むことが少なくなった現代の子どもたちは、顎が正しく育たない傾向にあります。そのため歯が並ぶスペースがなく、歯並びが乱れる子どもが増えているのです。

歯並びの乱れは見た目が気になるだけでなく、「虫歯や歯周病になりやすい」「食べ物をしっかり噛み砕けない」「正しく発音できない」などさまざまな問題を招きます。お子さんのお口の健康はもちろん、全身の、そして心の健康を守るためにも、矯正治療は有効な治療なのです。

小児矯正とは

小児矯正とは、子どもの成長期に行う矯正治療のこと。自然な成長の力を利用できるため、治療期間を短縮できたり、よりよい結果を得やすくなったりするなどさまざまなメリットがあります。 当院では一人ひとりの歯並びの状態を調べ、成長段階に適した方法で治療を進めています。開始に適したタイミングは誰もが同じではありませんので、歯並びが気になる場合にはお早めにご相談ください。

小児矯正メニュー

メタルブラケット

もっとも一般的な矯正装置です。金属でできたブラケットという小さな装置を歯の表面に取り付け、そこにワイヤーを通して歯を少しずつ正しい位置に動かしていきます。多くの症例に適用できるうえ、比較的費用も抑えられる点がメリットです。

セラミックブラケット

構造はメタルブラケットと同じで、ブラケットに白いセラミック製のものを用いた装置です。セラミックは歯の色に合わせられるため、メタルブラケットに比べて目立ちにくくなります。

床矯正(しょうきょうせい)

取り外しが可能な入れ歯のような装置を、毎日就寝中などに一定時間装着して、顎の大きさを広げる治療法です。乳歯・永久歯の混合歯列期に行い、最終的に永久歯がきちんと並ぶようにするのが目的です。

WEB
診療予約