マタニティ歯科

妊娠中に、
歯医者に行きましょう

「妊娠中には歯科治療はできないのでは……」と思われている妊婦さんは、意外と少なくないようです。しかし実際にはそんなことはありません。妊娠中も必要に応じて歯科治療を受けることができます。

高槻市摂津富田駅近く、ダイエー摂津富田店の歯医者「いろどり歯科」のマタニティ歯科では、妊婦さんの歯科治療に対応しています。とくに妊娠中は身体もデリケートな状態で、お口の環境が乱れやすくなる時期です。自覚症状がなくても、一度ご来院いただくことをおすすめします。

マタニティ歯科

マタニティ歯科とは、妊娠中のお母さんの歯科治療を行う診療科です。妊娠すると女性はつわりが始まったりホルモンバランスが変化したりして、お口の環境が乱れがちになります。そのため、ふだんよりも虫歯や歯周病になりやすくなるのです。

とくに歯周病は、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を与えることがわかってきました。このことは、平成24年3月以降に発行されている母子手帳にも記載されています。お母さんご自身のためはもちろん大切な赤ちゃんのためにも、妊娠中には一度マタニティ歯科を受診しにお越しください。

妊娠中の口腔内のケアは念入りに
~ケアのポイント~

虫歯や歯周病のリスクが増す妊娠中は、ふだん以上に口腔内のケアを念入りに行うことが理想です。しかし実際には、つわりがあって歯ブラシを口に入れるのもつらい、という方がたくさんいらっしゃいます。そこで、妊婦さんの負担を軽減する口腔ケアのポイントをご紹介します。

POINT 01
体調のよいときを見はからう

つわりは、食後や疲労時、また朝起きたときなどに出やすいといわれています。つわりが落ち着いたときを見はからって、ケアするようにしましょう。

POINT 02
においの強い歯みがき剤は避ける

においの強い歯みがき剤は、においに敏感になる妊娠中には適さないといえます。できるだけ香料が強くないものを選ぶといいでしょう。

POINT 03
ヘッドの小さい歯ブラシを選ぶ

歯ブラシのヘッドがのどの近くに当たると、吐き気をもよおすことがあります。できるだけヘッドが小さいものを選ぶのがおすすめです。

POINT 04
どうしてもつらいときはうがいをする

つわりがひどく、どうしても歯みがきができないというときには、ぶくぶくうがいをしたり、キシリトール入りのガムを咬んだりしておきましょう。

妊娠性歯肉炎に注意

妊娠性歯肉炎とは、妊娠中にかかる歯肉炎のこと。症状は通常の歯肉炎と変わりませんが、問題はお腹の中の赤ちゃんに与える悪影響です。歯周病菌は子宮に陣痛に似た筋肉収縮を起こし、早産や低体重児出産を招くリスクを高めてしまうのです。 早産・低体重児出産のリスクとして代表的なものには、かつてから喫煙が挙げられていますが、歯周病によるリスクはその何倍にもなるといわれています。妊娠性歯肉炎には、とくに注意しましょう。

WEB
診療予約