虫歯治療・根管治療

虫歯のこと、
もっとよく知りましょう

「虫歯」とはなにかを知らないという人はまずいないでしょう。しかし、そのしくみについてきちんと理解できている人は少ないかもしれません。そのため、多くの方が虫歯の発症・再発に悩まされています。虫歯は、放置しても自然治癒することはありません。
早期発見・早期治療が何よりも大切です。

こちらでは、高槻市摂津富田駅近く、ダイエー摂津富田店の歯医者「いろどり歯科」が、
虫歯治療について、また悪化した虫歯に行う根管(こんかん)治療について
くわしくご紹介します。虫歯のことを、もっとよく知りましょう。

虫歯治療

虫歯とは、歯に付いたプラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌がお口に残った糖分をエサにして酸を出し、歯を徐々に溶かしていく病気です。適切な歯みがきができていない、甘いものをよく食べる、といったことに加え、元々の歯質が弱かったり自浄作用を持つだ液の分泌量が少なかったりしても虫歯になりやすくなります。

しかし、そういった一人ひとり異なるお口の傾向をしっかり把握し、適切な歯みがきを行うことで虫歯は予防することができます。治療をくり返して歯を削り続け、最後には失ってしまうという事態を防ぐためにも、定期検診を受けるようにしましょう。

虫歯の進行

進行段階 症状
CO
初期の
虫歯
歯の表面を覆うエナメル質が、ごくわかずかに溶かされ、白濁した部分が現れます。まだ痛みなどの自覚症状はありません。
C1
エナメル質の
虫歯
エナメル質がさらに溶かされ、黒ずみができます。冷たいものがしみることがあります。
C2
象牙質の
虫歯
エナメル質の内側の象牙質まで進行した虫歯です。冷たいものに加え甘いものもしみることがあります。
C3
神経に達した
虫歯
歯の奥の神経まで進行した虫歯です。常にズキズキと激しい痛みがあります。
C4
歯根に達した
虫歯
歯根まで進行した虫歯です。歯冠部分はほとんど溶けてなくなっています。神経が死んで一旦は痛みがなくなりますが、歯根の先に膿がたまると再び激しく痛みます。

テーブル表示用テキスト

根管治療で重度の虫歯でも歯を残す

虫歯が神経まで達すると、歯の神経・血管は死んでしまいます。そうなると、従来では歯を抜かなくてはなりませんでした。そこで、歯根の中を通る根管(こんかん)から死んでしまった神経・血管を取り除く、根管治療が行われるようになりました。

根管治療とは、歯根の中を通る「根管」という細い管の中から、死んでしまった神経や血管を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒したうえで薬剤を充填する治療です。根管は大変細いうえに複雑に枝分かれしているため、根管治療はとても難しい治療になり、処置にあたる歯科医師には高度な技術と経験が求められます。しかしこの治療がきちんと行えれば、重度の虫歯でも抜かずに落とすことができるのです。

WEB
診療予約