入れ歯治療

入れ歯の不満、
解消しましょう

歯を失ったときの治療として古くから選ばれている入れ歯ですが、「はめると痛い」「しっかり噛めない」「見た目が気になる」といった不満をお持ちの方も少なくありません。それは「入れ歯だから」でしょうか? いいえそうではありません。その入れ歯がお口に合っていないから、だといえます。

高槻市摂津富田駅近く、ダイエー摂津富田店の歯医者「いろどり歯科」では、一人ひとりのお口の状態を細かく調べるとともにご要望をしっかり伺い、お口にぴったり合った入れ歯をおつくりしています。当院で、入れ歯の不満を解消しましょう。

入れ歯治療

近年、失った歯の機能を回復させる治療としてはインプラント治療が急速にシェアを広げています。しかし入れ歯も、変わらず選ばれています。それは、入れ歯には入れ歯のメリットがあるからです。

入れ歯には、装着感や噛み心地、見た目などさまざまな不満が生じがちですが、近年では入れ歯も大きく進化し、美しく快適な使い心地のものがたくさん登場しています。「入れ歯だから」とあきらめる必要はないのです。「もっと快適な入れ歯がほしい」という方は、一度当院までご相談ください。

保険診療と自費診療

入れ歯には、保険が適用されるものと自費診療になるものがあります。その違いを比較してみましょう。

保険診療の入れ歯

■素材   床の素材はレジン(歯科用プラスチック)のみ
■構造   部分入れ歯には金属のバネがあるなど、決められている
■使用感   床が厚く装着時に違和感があったり、食べ物を噛みにくかったりする
■審美性   入れ歯だとわかりやすい
■製作期間  早ければ約1ヶ月
■修理   壊れやすいが修理は簡単

自費診療の入れ歯

■素材   選択肢が豊富で、床にも金属やシリコンなどさまざまなものが選べる
■構造   一切制限がなく、よりよいものを追求できる
■使用感   金属の床なら薄くて軽く、食べ物の温度を伝えやすくなるほか、装着感や噛み心地も追求できる
■審美性   自然な見た目にすることができる
■製作期間  比較的期間が必要
■修理   素材や構造によって、修理できないものもある

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

保険の部分入れ歯には、固定するための金属のクラスプ(バネ)が付いています。それをなくしたのがノンクラスプデンチャー。自然なピンク色の歯ぐき部分で固定するため、目立ちにくくなります。またフィット感もよいのがメリットです。

金属床(ゴールド床、チタン床、コバルトクロム床)

床部分が金属でつくられた入れ歯です。保険のレジン床と比較し、床を薄くできるため軽く装着の違和感が少ないのが特徴です。また金属は熱伝導率が高いため食べ物の温度が伝わりやすく、食事を楽しむことができます。

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯は、毎日正しい方法でお手入れしましょう。お手入れのポイントは次の通りです

POINT 01

毎食後
洗いましょう

入れ歯は毎食後に取り外し、流水で洗いましょう。入れ歯専用のブラシを使うのがポイントです。通常の歯ブラシや歯みがき粉は、入れ歯には強すぎるため使用しないでください。

POINT 02

ご自身の歯や歯ぐきも
きれいにしましょう

入れ歯を装着していると、お口の中は汚れが残りやすくなります。残っている歯や歯ぐきも、きれいにみがきましょう。

POINT 03

はずした入れ歯は
浸けておきましょう

入れ歯は乾燥に弱いという特徴があります。就寝時には流水で流した後、必ず入れ歯洗浄剤を溶かした水に浸けておきましょう。就寝中にも入れ歯をつけるという方も、1日に数時間は取り外すようにしましょう。

WEB
診療予約